2009年08月04日

家の猫について

R0012979.JPGこんにちは ノッコ と申します。
こいつは年間20匹以上のネズミやたまにトカゲを狩ります。
狩ってきたネズミ達をそのまま家の中にキレイに並べコレクションする習性を持っているためネズミの死臭に悩まされます。
また、縄張り争いのため常に怪我が絶えない激しいヤツです。
そんなヤツですが愛おしく思い抱き上げようものならシャーッどんっ(衝撃)と威嚇されてしまう恐ろしいメス猫です。
我が家には、前回紹介した脱走大好きなオスの柴犬も飼っています。
こいつは誰ともケンカせず友好的で本当にただのいいヤツです。(ノッコとはとうぜん気が合いませんが・・・)
男ってこれでいいんだ・・と思わせるヤツです。
posted by ジーハ at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年07月24日

杉本恭一さんと家の脱走大好き犬について

7月18日、原宿アストロホールで杉本恭一&The Dominatorsのライブがあり、行ってまいりました。
このツアーの最後ということもあるのかとても気合いの入ったライブでアルバムよりライブバージョンの方が骨太感ありですごく良かったです。
そして・・・スタジオリックオーナー宮崎洋一さんのミュージシャンの顔を初めて見てしまいました(驚あせあせ(飛び散る汗)
また、MCの時などのもたつき(失礼シマシタ)を見、杉本さんは本当に音楽だけの人なんだなあ・・・と暖かいものが体の中を流れていくように感じ、とりあえずこの人はずっと見ておかなきゃと思えるライブでしたぴかぴか(新しい)
RIMG0003.JPG決意のカメラ目線の正太郎
              (これからもなんとかして脱走します)

posted by ジーハ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年07月23日

関西スタジオ連絡会

7月14日、大阪京橋ライブハウスイズムで関西スタジオ連絡会のミーティングがあり、行ってきました。www.studio-go.net
この関西スタジオ連絡会とは関西圏のスタジオオーナーさんが
共通の問題点を話し合ったり、協力していこうという趣旨の会で
関東には無いモノです。
以前から、興味があり入会したいと思っていました。
R0012938.JPG
これからの新しいスタジオって何だろうって考えていて、いろいろ
聞いてみたいことがあったからです。
実際、参加してみてある意味とても有意義な時間でした。
次回こそはもっと有意義な時間が過ごせるようにしたいと願っています。ただ、東京の私は参加資格がないのかもしれません。
会員の方々の広い心に期待しています。
posted by ジーハ at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年07月13日

またヒマで山

今年初の山小屋一泊。
R.JPG赤岳(2899m)
やはり山いいです。
次回は北岳か穂高に行こうと思っている次第です。
早く梅雨明けしてくんないかな〜。

自らを防音番長と名乗る事にいたしました。
R0012904.JPG

防音の事で困った事があったら何でも俺に相談してみ!?的なノリです。
予算が無いとか他の会社じゃ上手くまとまらない等々・・・
是非、声かけてみてください。
今、大阪の某有力DJさんの東京の自宅レコーディングスタジオと木造の家を購入した人の1部屋をスタジオにするという2プロジェクト進行中です。
完成したらまた報告します。
l.JPGvl.JPG


posted by ジーハ at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月19日

ハーフマラソン出場

hafumarasonn.JPG週に3.4日走っています。
でも腹凹みません。
なぜなら甘いモノ大好きだからです。
結果。2時間8分。
全然タイム縮まらズ。
(お見苦しいので画像ぼかし・・・)
強気に6月はフルマラソンにエントリーしています。
勝手にライバル視している安田美佐子の4時間20分。
いつか早い時期に抜きたいと思っています。        今回は米軍基地内での大会でした。

posted by ジーハ at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月16日

スタジオリック

中野坂上のスタジオリックが完成し機材セッティングしています。
dominators.JPG左からワイヤリングしてくれたオクムラさん、店長?田中さん(タイルカーペットを貼らされていたあせあせ(飛び散る汗))、そして中央がオーナー宮崎さん、友人でドラマーの矢野さん、宮崎さんが参加しているバンド杉本恭一&Dominatorsの杉本恭一さん。
下の写真はドラムの矢野さん作ギターアンプです。
Av.JPGハードな感じがかっちょいー
とにかく矢野さんは器用な人で立ち居振る舞いが職人であまりドラマーには見えません。
posted by ジーハ at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月15日

甲府コンビクション着工しています

甲府の音楽シーンのランドマーク的存在のコンビクションさん。
かつての場所から新しい場所へと新築移転中です。
ここはライブホールとリハーサルスタジオとレコーディングスタジオという理想的な複合施設です。
こんなすごいのを作っちゃったのは若き社長:松原さんです。
.JPG
(イケメンです・奥さんキレイでしっかりしてます)
これだけのモノを作ろうとしているガッツは本当にチャレンジャーだなと頭が下がります。
ジーハではレコーディングスタジオ部分を任されていますわーい(嬉しい顔)
エンジニアの渡辺さん(写真下)は今までかなり手厳しい環境でレコーディングしてきたそうでこの新しいスタジオ完成を誰よりも楽しみにしてくれている一人でとても優しい人です。
n.JPG完成は5月中旬です。
山梨方面のミュージシャン方は是非ご利用してみて下さい。
posted by ジーハ at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年04月03日

ワイヤリング

今日はワイヤリングについて書こうと思います。
ワイヤリングとは・・音響の配線の事でいわゆるコンセントなどの電気の配線とは違います。
そしてレコーディングスタジオやリハーサルスタジオのワイヤリングとライブハウスなんかのPA配線とはやり方が違います。
ライブハウスなどはPAブースからステージまでのワイヤリングなので天井のラックなどを経由して行われる事が多いし、また、ライブハウス関係はアバウトな人が多いので説明を省きます。kobayashi_image.jpg
レコーディングスタジオの場合ワイヤリングは最も大きな要素の1つです。
まず、ブースとコントロールルーム間については通常、スタジオ建設業者は配管といって後でケーブルが通るようにトンネルを作っておくのです。
そしてワイヤリングは機材やワイヤリング専門業者が後から施工します。その為、工事にはよーく打合せが必要です。
配管場所・太さ等々よく確認打合せしないと後から増やしたり変更したりが非常に困難だからです。
それからコントロールルーム内の機材達を結ぶワイヤリングがあります。
これはどのようなシステムでレコーディングするかによってかなり違ってくるのでシステムプランニングについてもよーく打合せしなければなりません。また、機材を増やしたりシステムを変更する可能性についても、あらかじめ配管だけは入れとかないといけない等々・・・
ジーハではそんなワイヤリングも安く施工しちゃいます。なぜなら多分その方が無駄がないし安く出来るからです。
ジーハのワイヤリングは小林(写真)が担当しています。彼は元ファンキーオーケストラのメンバーで今はVEEというアーティスト名で音楽製作をメインに活動しています。
彼の最新作が発表されました目
アルバムタイトルは[STATE OF MIND]です。
12492794.jpg12492794_o1.jpg
見かけによらず大人でシック。リラックスできてJazzyでパリっぽい仕上がりです。タワーレコードで売っています。ぜひ聞いてみてください。オススメです。


posted by ジーハ at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月25日

ぼやき

最近思うのは・・・sN` 1.jpg
大きなスタジオチェーンがどんどんいっぱい出来ています。
皆かっこいいし、使いやすいし、便利だし、いいと思います。
もっともっと音楽をやる人がふえていけばいいと思うしプロを目指すだけでなく音楽を楽しむ事が大事だと思うからです。
でも昔人間の僕としては街のちっぽけなスタジオもよかったな・・
機材も古いし、駅からも遠いし、不便だし、でも
なんか力の抜けた音楽好きのオヤジとうだうだくっちゃべったり
してたあの頃が今はなんだか懐かしく感じてたまりません。
posted by ジーハ at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月14日

生命力

.JPGt.JPG
せちがらい世の中みたいです。
日経平均株価がバブル後と同じ水準になってしまっているそうです。僕はバブルの頃も世の中がそんなに景気がいいなんて実は全く知りませんでした。だから昔も今も景気とは関係の無いところで生きています。
こういう時、音楽の好きな人は会社なんか辞めて田舎に戻って貸しスタジオのおやじになるほうがいいんじゃないっすかネ〜。
田舎の商店街はたぶん家賃も安いし、年老いた両親も帰って来たら喜ぶだろうし。しかも今はこういう世の中なのでけっこうお金も借りやすいみたいです。ただ借りるにあたって貸しスタジオという商売についての理解がなかなか難しいところです。でも、ジーハはその辺のフォローも出来ます。
みんな地元の音楽シーンを盛り上げて下さい。
よし!と思ったら迷わずジーハにアクセス!!
oX.JPGgl.JPG
湯ヶ島温泉からバスで天城トンネルへ
自然の力を感じに行ってきます。では・・






posted by ジーハ at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月06日

防音ドア

R0012069.JPG新代田LiveCafe Feverの現場と三崎町レコーディングスタジオの現場に発注していた防音ドアが届き取付けました☆
今日はこの防音ドアについてお話しさせていただきます。
防音ドアでSD−30とかSD−40と書いてあるものは普通そのドアの遮音性能を表します。例えば30というのはおよそ500Hzの周波数の音で30dB遮音しますという事です。
だから中でバンドで気持ち良〜く演奏して仮に100dB出ている時、30は止めるけど70は洩れてしまう・・・という事です。更に低音域(ベースアンプやドラムキックなど)については
18〜20くらいしか止められないのです。ですからスタジオではSD−30とSD−40の2枚のドアが付いているんです。
SD−40も低音域は27〜28の遮音性能です。
でもSD−30とSD−40が付けば70か・・というとドアとドアの距離が近い場合そんなに性能は出ません。それとドア同士が平行に付いているのもあまり良くはありません。本当に音ってヤツには困ったモノです・・
防音ドアで重要な事は重いこととドアとドア枠のゴムパッキンが閉めたときにつぶれていること。
そんな理由からグレモン錠というごっついハンドルが付いています。
女の人だと閉めるのにけっこう大変でライブハウスやクラブの場合
このグレモン錠ドア、まず閉めません。。だってめんどくさいし
重いし・・・
よく映画館についているようなドアがいいのではとお思いでしょうが、あれ、すっごく値段が高いのです。
そこで!重くないレバーハンドルで防音ドア作ってみました。
中目黒のクラブSOLFAでつけました。性能はいまいちです。
工場でのテストでは30dBの性能が出たのですがやはり現場とは違います。
さらにこのSOLFAけっこうはやっています。
一日に何回もHALLとBARを行き来しましてレバーハンドルにがたがきました!!そんなにはやらなければ問題なかったのに〜!!!!
防音ドアとはただ音を止めれば良い訳ではなくその使われかたによって洋式や耐久性を求められます。
そこで今、ライブハウスやクラブ用ドアを開発中です。
発表お楽しみに!

そんな中目黒SOLFAは目黒川添い付近です。もうすぐ桜の季節。友達と夜桜見てSOLFAでいい音楽しむってのはいかがですか。








posted by ジーハ at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月20日

三崎町レコーディングスタジオ工事半分経過

R0012068.JPGR0012065.JPG
固定遮音壁による部屋の仕切りも出来、(写真右の左端に見えるのがスタジオ〜ブース間の遮音窓になる部分です)更に浮き遮音壁の骨組みが出来、壁を塞ぐ前に照明等の位置に電気配線中。一ヶ月ちょっとの工事工程もちょうど半分の経過のご報告です。

posted by ジーハ at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月14日

忘年会

CA390010.JPG
昨年、険しい山あり、ふか〜い谷ありで完成いたしました高輪台スタジオベイド!!(ぜひHPの代表作品参照してみて下さい)の忘年会に招待頂き行ってきました。
経営者の方達とスタッフの人達が一緒になって楽しそう演っていました。
見ていてバンド始めようかな・・と思うくらい皆さんかなりの腕前で楽しませて頂きました☆
今後のご発展をお祈りしております。
posted by ジーハ at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月28日

ブログ第1回目

yama.JPG
ジーハサウンドデザインの第1回目のブログになります。
私、崎田はスタジオや、ライブハウス、クラブなどを創り続けて約20年ぐらいになります。

昨年暮れにゲスコンビナートが残念なことになってしまった事と、
今までは、自分の表現の場として、悠建築音響設計、TTB、ゲスコンビナートなどヤドカリ人生でしたが、自分でやるっきゃない(古い)かと覚悟しました。

僕自身の仕事に対する思いとは、まず僕自身が楽しむことであり、
また、それぞれの音楽シーンや、ストリート感覚に近いところで仕事をしていきたいな、という感じです。

のんびりいきますんでよろしくお願いします。
posted by ジーハ at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年12月26日

御挨拶

G-hz年賀状2009.jpg
posted by ジーハ at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記